おほしさま日記(仮)

思うままに心を綴りたい。

やさしい時間

あなたの前ではいつだって可愛くいたいから
キスするのだって恥らっていい子でいたいし

大丈夫?て優しく気遣ってくれるあなたに身を委ね

ゆっくり体を撫でられて
心を重ねて呼吸を合わせて
徐々にとろけあってくかんじ
それでそれで

あなたのいたずらっ子の焦らしで

体がジュンジュンしてくのを感じてくのも
もちろん大好きなのだけど。。


有限の時間とおもうと
ついついあれもこれもと欲張って
私ってばつい上になっちゃう。
あなたは少し驚きながらもはにかみながら

まだ余裕なのね。。
今日は私がせめたいの
もっともっと欲しいって思うままに

あなたを求めるの



なんだか私が犯してるみたいにしてみたいの




疲れたらあなたは私とつながったまま
ぴったりしたまま
優しくハグしておでこやほっぺにキスしてくれるの
そんなやさしい時間がすきなんだ

温かい涙

高校の時の恩師が私に一枚の絵をプレゼントしてくれた。
恩師は今は教師をやめて
遠くに住んでいるのだけど
自分の住む町で絵を描いている画家さんに
私のことを伝えてそのイメージにあう絵をかいてもらったそう。


私はというと
高校時代手のかかる可愛げのない子だった。
いや、犯罪などをおかすほどの度胸はなかったし、
本当に悪いいじめや万引きなどはしたことがなかった。
彼氏に学校に遅刻しそうだからバイクで送迎してもらってるのを見られたり(まず男女交際禁止そして制服でバイク後ろのりとか絶対にだめ笑)、校則を破っておしゃれをしたり(ルーズソックスミニスカートだめ)、放課後でかけたり(寄り道ったって、マックによって6時には帰るのに笑)とかその程度ではあったけど、うちの学校がとてもきびしかったため、何度も怒られ先生にも迷惑を掛けまくった。まだ若手だった先生は、私のせいで風紀が乱れる云々で校長先生や、学年主任の先生に何度も怒られたことだろう。
私が悪いことをして学校に捕まるたびに
先生は授業以外で時間を作ってくれて沢山の事を話したんだな。
それで足りず、約一年間交換日記もした。
今でも宝物でとってあるそのノートには返信にいつも詩が添えてあったっけ。
星野富弘に、あいだみつを、茨木のり子、川崎洋・・数え切れないほどの
詩集を彼女の手書きでプレゼントされた。


毎年クラス替えがあったけど、3年間私はその先生にみてもらう事になる。
これって異例なことで(笑)たぶん先生の個人的な要望だったのではないかなとおもう。
もしくは引き取り先がなかったか(笑)
できの悪い子ほどかわいい精神なのか私と先生は卒業してからも交流がつづく。
そんな彼女が送ってきてくれた絵は「温かい涙」という名前だった。
人のために、自分のために温かい涙がながせる女性になってねって今でもその絵をみると周りに優しくいよう、丁寧にすごそうっておもう。不思議な力のある絵なんですよね。
今日朝すこし窓際を掃除する時間があったのでふと思い出して書いてみた♪



先生、元気かなあ


※書きあげておもったのが、まったくもって恋愛に関係のないネタにしあがってしまった(笑

嫉妬についてのあれこれ

できれば嫉妬なんてしたくない。
でも普通の感じではない(笑)異性の影がちらちらと見たくなくても入ってくる
そんな時、嫌~なパワー使いますよね。。
実は私と彼にもありました。。


「仮氏理論」てご存じ?
目の前にいる何ともない男性を仮に異性として接することで色気がでて本人の魅力も増えるし、
女性はモテてくると肌つやもよくなりちやほやされるチャンスが増え、そのぶん好きな人への負のパワーはうまい具合に分散されて、
本当に好きな人との恋の成就へのステップアップになるて考え方。あくまで良い意味で~


これね~わかるようでまったくわからないのよね。(笑)
仮氏(二股)をみとめるならば
相手の仮女も認めざるを得ない。。。

それはやだの、♡


私は嫉妬する自分は嫌いだから
できるだけ平然を装うし、負のパワーを力づくでぶつけるのとかって自分の美学に反する
でもどうしても気持ちが平和にならない時は腹をくくって(恒例の男らしさ満点笑
あなたの〜〜がいやだ。てご本人に直談判するスタイル。



それまでにこにこしていたのに
プッツンとそのモードにはいるので
お相手はまじですか!てびっくりしている

(彼も例外ではないかも笑)


人を好きになりすぎなければ
その人のことさほどきにならないので、この感情ってでてこないですよね
自分の知らないところで何したって別に無関心だし。他の人とデートしたって聞いても、へえーいいなー、どこいったのー?て聞ける(笑)
最初から相手に期待しない
遊びだって割り切る
本気にならないように気持ちを分散させて
自分も目には目を歯には歯を的なことやってみせる


とか、、いろいろあると思うのだけど
やっぱり私は嫉妬の感情を抱いてしまったときにはいろいろ考えて、文字とかにしてみて(そうするとネガティブな感情も少し落ち着いてくる)それでもどうしても相手につたえなきゃ気持ちがおさまらないときは少し時間をおいて、直接端的に伝えてみる~


嫉妬自体、どんよりした重たくてめんどくさい感情ですからね。

それを伝えて相手が引いてしまえばそれまでの関係だものね。
心のつながる関係であれば、多少重たく嫉妬を表現してもちゃんとその人の言葉で何らかの答えをくれるもの。ま、加減はあるかとおもうけどね。


そしてね。
彼云々でなく、自分のこと好きになって自信持つことも大事なんだよね。。
自分のこと大事にできない人は相手のことも(疑ったり信じれてあげられないことも含めて)大事にできないし結局は好きになれないのよ、


だからまずそういう意味で、自分ファースト♡
流行りの仮氏理論は、基本反対♪


あれ。何を言おうとしていたんだっけ。
まいいや、今日も彼が好き。