おほしさま日記(仮)

思うままに心を綴りたい。

糸し糸しと言う心

昨日は今年最後のデートなにするかきめていたの
ここなんてどうかな?


イイと思うよ、てサクサク決めてくのだけど
どこもここも混雑していてなかなかすすまなかった
そろそろ検索疲れしてきたころに
これなんてどう?
て彼が秀逸な案をもちだしてきてあっとゆまにきまった(笑)
どうやら私の知らないところで調べてたらしい。キュンしてまうやろ~


そうね、わたしとあなたは息がぴったりなの、
ておもいたいの。❤


恋って
自分にないものを求める気持ち
尊敬するものを求める気持ち
自分の細胞が「そっちの細胞がほしい!」て本能的に求める神秘的な感覚。
て、charaがいってた。
相手へのパッションが溢れだしてきてとまらなくなるの。これは穏やかで相手を無性に想い続ける愛とはちがうのかもしれない。
この恋の感覚
私もその感覚わかるし

その感覚で彼のことがすき。
それはとても強い思いだけど、

強い思いはふりこのように反動もあるので
この前みたいに喧嘩や不安もつきものなの、
当然喧嘩するつもりで一緒にいるわけじゃないからいいすぎたあとのはしょんぼりがお決まり、
そして自分自身をせめたりもする↷
愛に変わればふりこは穏やかな動きとなり喧嘩や不満をかかえることなく相手を尊重し、
仮に相手に明らかな否があったとしても時には黙って見知らぬふりなどできるようになるのかな。
どうなのかな、恋愛哲学は深まるばかり。モンモン。。その話はおいといて(笑)


charaがだいすき。



糸し糸しと言う心とかいて戀
これって、「恋」の旧字体なんだってね。戀=恋
昔から好きな人とは赤い糸でむすばれているとかいうけど漢字っていうのは本当に奥が深いね。
そして昔の人ってばとってもロマンチック。
そして、「愛おしい」とかいて「いとおしい」とよむけれど”いと”が恋という意味をなすならば、愛も恋もさほどかわらないのかもしれない。


※charaの糸し糸しという心の歌もいいよ、最近よくきいてる♪