おほしさま日記(仮)

思うままに心を綴りたい。

我慢大会

あわい恋物語の交換をしてから
私はなんとなく心の距離が縮まった気がしました。
博識で雑学いっぱいの彼が反応してくれるようなネタを考えて
書いたこともありますし、
もちろん自分が楽しいから文をかくのだけど
同じように思ってくれたらいいなって思いながら
いろんな角度から文を書いていくのがとっても楽しかったです。
時々また思い立ったように2人のデートを回想を綴ったりしました。会ったこともないのに(笑)
そしたら数日後、彼もわたしのブログの続きを彼目線で書いていたりして面白かった。

感性豊かな世界観、言葉選びのセンス、読んでてキュンとする女心の描写などどれも完ぺきでした。


時々ですが彼もコメントしてくれることがあったりして心のこもったコメントにいつも大喜びしていました。
彼からのコメントにはいち早く返信していましたが僕への好意はばればれだったね、とずっと後に
彼からつっこまれました。
だってそれは確信犯的にわかりやすく差をつけてやっておりましたし(笑)


それでもまだ。
もっと仲良くなろう?といった水面下での連絡はしませんししてきません(笑)。
なかなかの我慢大会の日々です(遠い目。
しびれをきらして、
私からメールしてもう一歩踏み込んでみようかなと何度もおもいましたがメールに想いをかいて、送信のボタンをおすところまで準備してやめたりしていました(おばかです笑)。


いつかのananにかいてありました。
好きな人に沢山アピールしたほうがいいけど
最後は(たとえば告白などは)彼からしてもらったほうが幸せになるよって。😚
だから、がまんしました。。
※大人の恋といえばこれ。参考画像ですし読んでません(笑)



なんだか書いてて、展開がずいぶん遅くてじれったいですよね?
でも、私達の展開も本当にじれったかったですのでそのままリアル感をお伝えしようとを思っています(笑)
たぶん次は新展開(^^) 予定笑