おほしさま日記(仮)

思うままに心を綴りたい。

はじめましての日

前回までの記事で、
彼とLINEでつながりました。
(わたしのブログ、時系列がごちゃまぜなってて読みづらい^ ^)


水面下でつながりがあるってのも
感じさせずひょうひょうと今までのスタイルでお互いのブログはそれぞれ好きに書き続けていました。
楽しかったけど、一方で会ってお顔見ておしゃべりしたいなとも思うようになりました。
人間とは欲深い生き物ですね笑。
というか、こんなにたくさんお互いの事をしっているのに会ったこともないことが不自然みたいになってきていたし
会うことに対し不安がなかったといえば嘘になるけれど、はじめましての壁をのりこえて楽になりたいと思うようになりました(笑)



デートのシナリオを思いのままに作って、それをまたブログにあげていつかそのシナリオの再現をする日がくるといいね、なんて話しながら。


ランキング上位の彼のブログはファンの女の子たちから黄色いコメントがきたりしてほんのりジェラシー感じて見たり笑。コメント返さない主義の彼がまたいじらしい^ ^
ちなみに私のブログにも男性陣のコメントがあったりもしたけどそれについてはとりわけヤキモチやいてくれなかったな(ま、いーけど笑


そしてごくごく自然なやりとりの流れで
はじめましてをしよう、となったのです。
遊び心を忘れない私達はドキドキの演出のために当日の恰好だけ確認して待ち合わせ時間まで連絡をとらないようにしました。
恒例の我慢大会です。(//∇//)
待ち合わせの時間を迎える頃には私は一人で街中で心臓がバクバクして倒れそうになりました(笑)
そして週末の新宿で、
夕暮れのそわそわした人ごみが行きかう中、
待ち合わせ場所にいる彼を見つけることができました。



ー。。。
会っちゃった。。。




初めましてのご挨拶もそこそこに
彼はなぜか眩しいくらいに
満面の笑顔でした(笑)


この極度の緊張をどうしよ!て感じる間も無く
あれ?でもなんか。。。
一緒に歩いてると、、、
はじめましての気がしない。。。笑
いや、確かにドキドキするのだけど
これまでたくさんのことをお互いにお話してきたからか、彼のもってる雰囲気が和ましてくれているのかとにかくなぜだか初対面の緊張感はさほど感じませんでした。


予約していたお店は和風で
京都っぽいかんじで可愛らしい個室でした。
私はそのデートぽい雰囲気に酔ってしまい笑、お酒も手伝って浮かれモードが止まらなかったのだけど何をはなしたかもちょっとあまりおぼえてないのだけど
有意義な楽しい時間が流れていたように思います。
彼は私をイメージして選んだよ、てハンカチをプレゼントしてくれました。
ラルフローレンの小花柄の可愛らしいハンカチ。


思いがけないプチサプライズ嬉しかったな。


でも。あれだけ長く待ちわびた日なのに
楽しい時間ていつもどんな時も一瞬なんですよね。。
帰り際、駅に向かう途中
お別れして一人きりになった時、ちゃんと今までどおりに連絡来るかなーってちょっと不安でした。。。(柄にもない乙女フレーズ笑)
だから私のこと忘れないでの意味を込めて、バイバイの時にチュってしたような気がしないでもない^ ^
そして帰路の途中、すっごくたのしかった!可愛かった!て元気いっぱいのLINEが来ました。


それを見て安心して、帰宅後そのまま何にも考えず寝ちゃった!(^^)笑


それが彼と私のはじめましての日となったのです🎵

Cagnet - What Will I Do