おほしさま日記(仮)

思うままに心を綴りたい。

人のセックスを笑うな 

私がこれをみたのはだいぶ前なのだけど
定期的に見たくなるね。
たしかに
内容はそこまでなのだけど(笑)
ナチュラルな生活の一場面を垣間見られるかんじがたのしいし
枠にとらわれず、悪びれもせず(笑)天真爛漫に今を楽しんでいる
ゆり(永作博美)の様子は同性からみてもとってもうらやましいしかわいらしい。


そう。二人のラブラブのシーン、かわいいです。
どんなところが?て。
ゆりはみるめくんのひとまわりも年上だけど
まるで振る舞いは少女のようで
彼とラブラブが終わった直後、彼の体をまたいでけんけんぱしている。
電気をつけたりけしたり。
踏み台昇降してみたり。
そうゆう無邪気さは大事だとおもうよ(笑)♡
キスのシーンは心が伝わってくる。
キスって口だけじゃない。
あなたを想うと首にも顎にもほっぺにも大事にチュッチュってしたくなる。
大好きなシーンなんだな。




彼女の行いが正しいのか間違っているのかといえば
消して正しくはないのだけど(笑)
だって夫をだましているし(気づいてないけど笑)、みるめくん(松山けんいち)のことも最終的に傷つけている。
でも彼女の異性を引き付ける魅力は半端ない。
”自分がしたいからする”の姿勢がいいし
わたしも恋愛にかぎらず自分の身の回りのすべてのことに対して
どっちに進むべきか迷ったら原点回帰して
自分がしたいことはどっちだろう
て考えることにしてる。


あなたのことが好きだから好き。
この気持ちがきっと大事なんだな。