おほしさま日記(仮)

思うままに心を綴りたい。

黄昏流星群

さきほどは打ち合わせなしで彼とブログの内容が被ったのは驚きました(笑)


今日は書きたい日♪
黄昏流星群、引き続き見ています。
すこし盛り込みすぎ感がでてきました。。(笑)


けど一場面を切り取ってみると
共感したり、そうだよな、ておもう場面もあったりする。


みぽりんは悪い奥さんではないし
くらちゃんも悪い夫ではない。
それなのにすれ違う。
これが現実世界なんだよね。
憎しみ合って、大嫌いで~私は、僕は、他に恋人つくる!となってる
人は実は少ないのではないでしょうかね。。
なんとなくこんなはずじゃなかった。。。と
いつのまにか歯車があわなくなってる夫婦がメインなのではないでしょうかね。


すこしずつ秘密をかかえて淡い恋心を抱いているうちはいい。
でもどんな理由であれ
行動に移して心までもっていかれたら
誰かが必ず傷ついてしまう可能性をひそんでいる。
そういう意味でくらちゃんも罪深い、妻を大事にすれば栞が傷つくし、
栞を大事にすれば妻が悲しむ。
だから、どんなにラブラブであっても
けして正統化してはいけないことなんですよね。
でもそんな微妙なドラマをあえて、私は彼と見る。
2人の間にタブーを作らず、彼は多角的にお話できる人だと思ってるから。
彼はどう思ってるかわからないけれど、
人として尊敬してる彼と置かれてるステイタスやジェンダーや年代もこえていろんなお話がしてみたい。物事をいい悪い!て決めつけるのは簡単だけど
そうじゃなくてもっと深い部分でたくさん考えや想いを共有したいなっておもったりしてる。
そして彼の考え方にふれて深く共感する
彼の心を自分の心同様に大事にしたい。


あのドラマをみていて、
まだ3話とか4話だけど、
娘やフィアンセふくめ、このドラマのなかにこの先幸せをつかむ人間はでてくるのだろうか、
すこし後味の悪い不協和音が続きそうな気配、、ですよね。
できればハッピーエンドでおわってほしいななんておもいつつ^^)笑。


でもドラマの中で
居酒屋のおじさんは
自分がどうしたいか、ただそれだけのこと


ていいこと言ってた。
心に正直に生きる。それもまた大事なことですよ。
我慢も大事だけど耐えることも大事だけど、しがらみにとらわれず。。
自分らしく生きていたいね。


はい。鬼怒川温泉。いきたいだけ(笑)